エドワード・D・ホック (Edward Dentinger Hoch)

1930.2.22〜2008.1.17
ニューヨーク州ロチェスター生まれ。
ロチェスター大学卒業。
不可能犯罪をあつかった短編の名人で、作品数も800を越える多作作家。
レオポルド警部、怪盗ニック、サム・ホーソーン医師など
人気キャラクターシリーズを数多く生みだす。
クイーンの愛弟子ともいわれ、EQMMには450本以上もの作品が連続で掲載された。
2001年、MWA巨匠賞を受賞。

別名義:R・L・スティーヴンス(R. L. Stevens)
     ミスターX(Mr. X)
     R・E・ポーター(R. E. Porter)
    Diagnosis: Impossible
1996サム・ホーソーンの事件簿★★★★
橋の途中で消え失せた馬車、 “小人”と書き残して密室で殺されていた車掌、 行き止まりの廊下から消え去った強盗、 誰も近づけない空中で絞め殺されたスタントマン等々、 次々と発生する怪事件!全編不可能犯罪をあつかった、 サム・ホーソーンものの初期作品十二編に加え、 特別付録として、著者の代表作の一つであり、 これまた不可解な墜死事件の謎を解く「長い墜落」を収録した。 序文にダネイとのエピソードあり。 このシリーズは1922年ある田舎町に診察所を構えたばかりの 新米医師サム・ホーソーンがさまざまな不可能犯罪にぶつかるというもの。 愛車は黄色いピアース=アロー・ランアバウト。 物語を語るのは老年のサム・ホーソーンで、回想形式。 ※この"ある田舎町"はコネティカット州東部のノースモントといい、  隣接する町はシン・コーナーズ(Qの「ガラスの村」の舞台)という設定  有蓋橋の謎 The Problem of the Covered Bridge サムの前を走っていた馬車が 地面の雪に途中までの轍を残し有蓋橋の中で消えてしまった。 やがて町の片隅で馬車と乗っていた男の射殺体が発見され―― ん、被害者と共謀では大抵なんとでもなるわね。  水車小屋の謎 The Problem of the Old Gristmill 休職中の1年間、町はずれの水車小屋に住まい"日誌"を執筆していた男。 帰省の用意をしていたある日、水車小屋から火があがり、 そこには撲殺された彼のすがたが―― 一方、事前にあずけていた手提げ金庫内の日誌を含む60冊の本が紛失。 火災と殺人、金庫破りのつながりとは? やばい、自白剤の件が理解できない、無意味なわけないよな……。  ロブスター小屋の謎 The Problem of the Lobster Shack サムが招待された婚約パーティで 脱出マジックに挑んだ魔術師が小屋内で喉元を切り裂かれていた。 大勢のパーティ客の面前の密室状態の小屋のなか、 犯人はいかにして凶行におよんだのか? こういう挑戦的なのはいいですね、機械的であっても。  呪われた野外音楽堂の謎 The Problem of the Haunted Bandstand 独立記念日の祝典のバンド・コンサート開始直前、 突然、舞台に闖入した頭巾とマントすがたの人物。 そこにいた町長の胸をナイフで一突きし、 その直後、閃光と煙があたりにたちこめ、殺人犯は消えていた。 かつてこの音楽堂ではリンチにより黒人男が命を落としており、 殺人犯の格好はそれを想わせるのだが……。 あれにあんな効果があったのか。専門的なのか常識なのか。  乗務員車の謎 The Problem of the Locked Caboose サムが乗車していた汽車の頑丈な金庫がついた車輌で事件が。 貴重な宝石コレクションの運送中、 密室状態のその車輌内で見張りが殺され、宝石は奪われていた。 被害者は床に"elf"と自らの血でなぞのメッセージを遺していた。 これも被害者と共謀で便利なパターン。  赤い校舎の謎 The Problem of the Little Red Schoolhouse 小学校で教師が目を離した一瞬の隙に児童誘拐事件が発生。 児童の家には身代金を要求する電話があり、 交換台で発信元を調べると近所のある家が簡単に浮上するのだが―― か、かつらか、赤毛は(^^; 運にたよりすぎ。  そびえ立つ尖塔の謎 The Problem of the Christmas Steeple クリスマス礼拝の教会で牧師が刺殺された。 容疑者は密室状態の尖塔にいあわせたジプシーの男。 凶器の短剣も彼のものであり、容疑は確定的に思えたが―― 工作が微妙すぎると思ったけど……結果論か。  十六号独房の謎 The Problem of Cell 16 "イール"の異名をもつ脱獄常習犯のペテン師。 彼がノースモントで逮捕され、最新の留置所に入れられたが、 宣言したとおり、みごとに脱獄をせしめた。その方法とは? 伏線の"遊園地用品のセールスマン"がすごい(w ふつう、所持品は片っ端から没収しないのかな。  古い田舎宿の謎 The Problem of the Country Inn 田舎宿の主が売上金を奪おうとしていた仮面の人物に射殺された。 犯人は宿の廊下に逃げだしたが、 唯一の出口である扉はボルトで閉められたままだった―― 興ざめされそうな真相ながら巧さも感じるミステリー。  投票ブースの謎 The Problem of the Voting Booth 保安官を選出する投票所の(囲いで蔽われた)投票ブース内で 候補者が心臓を刺され死亡するという事件が発生。 周りには大勢の人間がいたが、だれもブースには近づかなかった。 投票ブース内でなにが起きたのか? こちらも設問が(のみw)光るミステリー。  農産物祭りの謎 The Problem of the County Fair 農産物祭りの催しのひとつ、タイムカプセル。 その中から町長の息子を暴行し行方をくらませていた 町の荒くれ者が死体となって発見された。 犯人はいかにして被害者を隠しえたのか? タイムカプセルってアイデアがいごっそい。 うまくことが運んだらと考えるとやばすぎ。  古い樫の木の謎 The Problem of the Old Oak Tree 飛行機映画のパラシュート降下のシーンの撮影中、 降下していた俳優のようすがおかしく、樫の木に激突。 サムが調べると絞殺されていたことが判明。空中でなにが? 過去に不幸があったいわくつきの樫の木、のせいでこのタイトル。 無理にからめる必要がまったくないのがむしろすがすがしい。  長い墜落 The Long Way Down 非サム・ホーソーンもの。 ワンマン社長が21階にある自分のオフィスのガラスを破り自殺したらしい。 しかし地上に彼の死体はなく、行方はようとしてしれず。 そしてその3時間45分後、墜死した彼の死体が発見され―― 彼の身になにが起きていたのか? こう、魅力的な謎がよくいくつも思いつけるよねえ。 ※巻末にサム・ホーソーンの略歴や事件年表付き
    Diagnosis: Impossible2
19--サム・ホーソーンの事件簿

保安官の結婚式場で起きた密室殺人、 銃撃戦と共に煙のごとく消え去ったギャング、 大都市ボストンを脅かす姿なき殺人鬼……。 相変わらず続発する怪事件に立ち向かう、我らが名探偵サム・ホーソーン! 彼の活躍譚12編に加え、特別付録としてエドガー賞を受賞した 名作「長方形の部屋」を併録。不可能犯罪愛好家待望の第2集。 ●収録作品 「伝道集会テントの謎」 「ささやく家の謎」 「ボストン・コモン公園の謎」 「食料雑貨店の謎」 「醜いガーゴイルの謎」 「オランダ風車の謎」 「ハウスボートの謎」 「ピンクの郵便局の謎」 「八角形の部屋の謎」 「ジプシー・キャンプの謎」 「ギャングスターの車の謎」 「ブリキの鵞鳥の謎」 「長方形の部屋」
    Diagnosis: Impossible3
19--サム・ホーソーンの事件簿

ピクニック中に突如駆け出し、川に転落した女性。 一緒にいた夫も、何が起きたのかさっぱりわからないという。 サム・ホーソーンも困惑した、 不可解な死の真相とは?(「墓地のピクニックの謎」)。 自殺した男は、町長殺害を遺書で自白していた。 だが、実際に謎の狙撃事件が起きたのは、 その翌日のことなのだ!(「防音を施した親子室の謎」)。 その他、サム・ホーソーンの活躍譚全12編に加え、 ノンシリーズ短編の「ナイルの猫」を収録。難事件・怪事件満載の第3集。 ●収録作品 「ハンティング・ロッジの謎」 「干し草に埋もれた死体の謎」 「サンタの灯台の謎」 「防音を施した親子室の謎」 「危険な爆竹の謎」 「描きかけの水彩画の謎」 「密封された酒びんの謎」 「消えた空中ブランコ乗りの謎」 「真っ暗になった通気熟成所の謎」 「雪に閉ざされた山小屋の謎」 「窓のない避雷室の謎」 「ナイルの猫」
    Diagnosis: Impossible4
19--サム・ホーソーンの事件簿

通電フェンスをめぐらし、庭に犬を放った家に住む親ドイツ派の男が、 その邸内で殺された。FBIの監視下にもあった密室は、 いかにして破られたのか(「要塞と化した農家の謎」)。 謎めいた革服の男と、一日を過ごしたホーソーン医師。 宿に泊まった翌朝、男は消えていた。 革服の男は、本当に存在したのか……(「革服の男の謎」)。 ホーソーン医師もの12編に加え、 西部探偵ベン・スノウものの短編「フロンティア・ストリート」を収録。 不可能犯罪の大盤ぶるまいで、読者を堪能させる第4集。 ●収録作品 「黒いロードスターの謎」 「二つの母斑の謎」 「重体患者の謎」 「要塞と化した農家の謎」 「呪われたティピーの謎」 「青い自転車の謎」 「田舎教会の謎」 「グレンジ・ホールの謎」 「消えたセールスマンの謎」 「革服の男の謎」 「幻の談話室の謎」 「毒入りプールの謎」 「フロンティア・ストリート」
    Diagnosis: Impossible4
19--サム・ホーソーンの事件簿

郵便受けに配達した本が忽然と消えるという話を聞き、 配達の現場に立ち会うこととなったホーソーン医師。 彼が見守る前で、本は消えるかわりに爆弾へと化し、 注文主を殺めてしまう(「田舎道に立つ郵便受けの謎」)。 そのほか、シリーズ第1作の舞台で再び悲劇が起こる「有蓋橋の第二の謎」、 アンソニー賞最優秀短編賞受賞作「園芸道具置場の謎」など、 不可能興味満点のシリーズ12編に、 ボーナス短編「レオポルド警部の密室」を加えた充実の第5集。 ●収録作品 「消えたロードハウスの謎」 「田舎道に立つ郵便受けの謎」 「混み合った墓地の謎」 「巨大ミミズクの謎」 「奇蹟を起こす水瓶の謎」 「幽霊が出るテラスの謎」 「知られざる扉の謎」 「有蓋橋の第二の謎」 「案山子会議の謎」 「動物病院の謎」 「園芸道具置場の謎」 「黄色い壁紙の謎」 「レオポルド警部の密室」
    Enter the Thief
19--怪盗ニック登場

男の名はニック・ヴェルヴェット。職業盗賊。 二万ドルの報酬で仕事を受ける盗みのプロだ。 ただし現金はもちろん、値の張るものはお断わり。 価値のないものだけが対象となる。 大リーグのチームや恐竜の骨など、 次々と現われる難問に頭脳と熟練の腕が切り札のニックが挑む。 現代本格の名手による奇想天外な十二篇
    The Thief Strikes Again
19--怪盗ニックを盗め

二万ドルの報酬で価値のないものだけを盗む変わり者の盗賊ニックは、 依頼の待合わせ場所で突然襲われ、誘拐された。 誰が、何の目的で泥棒を誘拐するのか? 盗みのプロのニックが逆に盗まれてしまう表題作の他、 プールの水、山の雪、ホームズのスリッパなど、 ニックが十二の難関にアッと驚く発想で挑む第二短篇集
    The Adventure of the Thief
19--怪盗ニックの事件簿

変わり者の盗賊ニックに映画の小道具に使われている ゼンマイ仕掛けのネズミを盗んでほしいという手紙が届いた。 ガラクタに大金を払う人物の真意とは? おもちゃのネズミを盗む好短篇他、 バッキンガム宮殿の大鴉やマフィアの親分の飼い猫など、 謎めいた盗みの注文に世界を駆けるニックの十の冒険譚。第三短篇集。
    The Thief vs. the White Queen
19--怪盗ニック対女怪盗サンドラ

価値のないものだけを高額報酬と引き替えに盗むニックに、 ライヴァルが現われた! 女怪盗サンドラ・パリスとニックの出会いを描いた 「白の女王のメニューを盗め」をはじめ、 禿げた男の櫛や体重計など、奇怪なターゲットの数々に ニックとサンドラが火花を散らせる短篇十作を収録し、 文庫オリジナルで贈る傑作集。
    The Night My Friend
1992夜はわが友

ホックといえば、誰もが個性的な名探偵たちを思い出すだろう。 だが、あまり知られていないが、 シリーズもの以外の短編も数多く書いているのだ。 本書はそんな単発作品の中から二十一編を選んでまとめたもの。 名探偵ものとはこれまたがらりと変わった陰のある登場人物たちと 余韻の残る物語に、作者の新たな魅力が発見できる。
▼BACK▼          ▽TOP▽