A・E・W・メースン (A. E. W. Mason)

1865.5.7〜1948.11.22
ロンドンのダルウィッチ地区エヴァレイ生まれ。
オックスフォード大学トリニティーカレッジに学んだ。
容姿端麗で、在学中から演劇俳優として活躍し、
卒業後は職業劇団へ、ベンスン一座やコムトン喜劇団に加わり巡業。
1895年、30歳で舞台を退き、作家に転身。
同年、長編歴史小説の処女作「A Romance of Wastdale」を発表した。
その後も趣味を生かした冒険小説や自作の劇化など執筆し、
自由党議員として下院に議席を得たり、
第一次大戦で将校に任ぜられたりし、
1910年「薔薇荘にて」でミステリの分野にもデビュー。
パリ探偵局のアノーを誕生させた。

筆名、正確には――
Alfred Edward Woodley Mason
アルフレッド・エドワード・ウッドリ・メースン
    The House of the Arrow
1924「矢の家」★★★★
ハーロウ夫人がなくなって、遺産は養女に残されることになった。 そこへ義弟が登場し、恐喝に失敗するや、 養女が夫人を毒殺したと警察へ告発した。 養女は弁護士に救いを求め、パリからアノー探偵が現地に急行する。 犯人と探偵との火花を散らす心理闘争は圧巻で、 犯罪心理小説の変型としても、 サスペンスの点でも類例の少ない古典的名作! ミステリ。アノー探偵シリーズ第2弾。 富豪のハーロウ夫人がなくなり、 遺産はすべて養女ベティに残されることになった。 ところが、夫人の義弟が現われ、恐喝に失敗すると、 ベティが夫人を毒殺したのだと告発した! こうして探偵アノーが出馬し、調査を開始。 遺体を解剖しても毒の痕跡はなく、 義弟のたくらみは瓦解したのだが……。 この次の展開がうまいですね。まあ、読めるだろうけど(w しかし、これ、犯人が多すぎですって(^^; 単独犯は無理としても、共犯者の数が……。 アンはいかにもミスリードだし。 主犯の存在、印象はあざやかで文句ないんだけれどねぇ。 黄金時代の香気が強いので、信者にはそれだけで快感です。 フランス人のアノー探偵もユニークで、 芝居がかった、思わせぶりな態度は 俳優でもあった作者らしくてほほえましいです。 ああ、ノートル・ダム寺院の正面ファサードを拝観したい。
▼BACK▼          ▽TOP▽